モチベーションを上げてはいけない!


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



「これをすると、モチベーションがアップします!」

「やる気がなくなったら、これをして取り戻します!」


このようなことを言ってる人たちをたまに見かけます。


本人は良い方法だと思っているので、あえて否定はしませんが、 コーチングを学んだ立場で見ると、「大丈夫かな?」と思います。


やる気やモチベーションが何度も下がり、いちいち高めなきゃいけないとしたら、「本当はやりたくない仕事」をしている可能性が高いからです。



「本当はやりたくない」という心を誤魔化し、一時的にやる気やモチベーションを上げたとしても、しばらくすればまた下がります。


そして、やる気やモチベーションを上げるためのコスト(時間や手間)が、ずっとかかり続けます。


それは、本質を外した、瑣末の対応です。


問題を起こしている原因に焦点を当てず、起こった問題にばかり対処しているから、いつまでも問題が消えず、いつまでも対処が必要になるのです。



やる気やモチベーションに悩むなら、「何かが間違っている」と考えたほうが良いでしょう。


もしかしたら、選んだ仕事が間違っているのかもしれません。


「やる気やモチベーションを上げなくてはいけない仕事」をするのではなく、「やる気やモチベーションが自然に湧く仕事」、


あるいは、「やる気やモチベーションなんかなくても続けられること」を仕事にしたほうが良いのです。


むしろ、一番疲れていて、気力がない時でさえも、淡々と取り組めるような仕事が理想です。



やる気やモチベーションを高くしなければ勝負できないような仕事をすれば、常にやる気やモチベーションに振り回され、仕事の成果にも波やムラが出てきます。


やる気やモチベーションに関係なく取り組める仕事をするなら、淡々と行動し続けられるので、淡々とスキルが増し、安定して高いパフォーマンスを発揮できるようになります。


仕事に限らず何事も、長きにわたって良い結果を出そうと思うなら、やる気やモチベーションなんかあてにしないほうが良いのです。


むしろ、「最も疲れた状態でもやりたいことかどうか?」「最も気力がない状態でも続けられることかどうか?」を基準に考えたほうが良いでしょう。 



▼より詳しいお話はメルマガで▼

音楽ライフコーチング 豊かな音楽ライフの整え方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000