アーティストライフコーチングでは、


音楽家やアーティスト、

HSPなどの繊細な感覚を持つ人たちが、


繊細な感覚や感性を生かし、

自分の価値観を大切にしながら、


思うように人生をデザインし、

アート作品のように創造していく、

お手伝いをしています!



今、ビジネスの世界では、

さかんに「アート、アート」と叫ばれていますが、


時代が「知識の時代」から「感性の時代」へと移行しつつあります。


「何の役に立つのか?」「何を知っているか?」

ということが価値を持つ時代から、


「いかに美しいか?」「いかに素敵な体験か?」

ということが価値を持つ時代になるのです。


現在は、お金を稼ぐためだけに仕事をするのではなく、

個人の自己実現やライフスタイルが重視されています。


ある意味では、

誰もがクリエイターであり、

アーティストの時代である、

とも言えます。


これまでの経済競争社会において、

芸術は、

「お金にならない」「役に立たない」と蔑まれ、

繊細な人々は、

「弱々しい」「細かい」などと虐げられ、


芸術家やHSPは、生きづらい思いをしてきましたが、


現在は、ビジネスマンがアートを学び、

企業においては、ホスピタリティなどの細やかさが要求され、


繊細な感性を持った人々こそが求められる時代です。


これまでの社会の価値観は、

お金に囚われ過ぎていました。


「何の意味があるのか?」「何の役に立つのか?」

と問われる時、


それは、

「年収やキャリアのアップに繋がるのか?」

ということが問われていたわけです。


もちろん、お金やキャリアは大切ですが、

経済的に豊かになることだけが幸せではないことに、

多くの人が気づき始めています。


豊かな人生を送るには、

高い視点から人生全体を俯瞰し、

自分の価値観や自分を取り巻く状況を見つめながら、

バランスをとっていく必要があります。


仕事やお金だけに囚われず、

プライベートや趣味の充実、

地域社会や人との繋がりなども重視し、


人生全体を自分にとって美しく、

素敵なものに創作していけるのです。


そのためには、

様々な課題や問題をクリアしていくための、

モチベーションやクリエイティビティを引き出す、

マインドの使い方が重要です。


繊細な人々は、

繊細な気質をうまく生かせような進み方を、

生み出していく必要があります。


アーティストライフコーチングでは、

個人が生きたい人生を送るために、

マインドやビジネス面を主とした、

コンサルティングやセミナーをしています。


多くの音楽家やアーティスト、

繊細な感性や感覚を持った人々が、

素敵な人生を送り、素敵な活動をしながら、

関わる人々の人生を豊かにし、

より住み良い社会になっていくことを願っています。