音楽家になって収入を得ていきたい人へ


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



音楽家として収入を得ながら生活をしていきたいなら、自分のあり方や自分の売り方について、よく考える必要があります。


例えば、ビジネスをする場合、良い商品を作れば勝手に売れるわけではありませんし、必ず売れるわけでもありません。


その商品が誰にも知られず、価値を感じてもらえなければ売れることはありません。


その商品と同じような品質で、他にもっと有名なものや安いものがあれば、お客さんはそちらを買うでしょう。


だから、ビジネスをする人たちは商品を差別化したりして、「他にはない独自の商品」をつくり、マーケティング活動に力を入れています。



これから音楽家になって収入を得たい人も、こんな発想で考えてみるのも良いかもしれません。


音楽家になろうとして音楽技術をいくら磨いても、ビジネスで言えば、ただの商品ができ上がったに過ぎません。 商品は、売れなければ、お金にはなりません。


プロのオーケストラに入団するとか、有名なコンクールで入賞してメディアに取り上げられるとか、そういったチャンスを掴めれば、自分で売る努力をしないでも誰かがお客さんを集めてくれ、収入を得られるかもしれません。


しかし、そういった既存の仕事は飽和状態ですし、そこに参入しようとすれば熾烈な競争を強いられます。


そして、その競争に勝てるのは一部の人たちだけです。



また、誰かに仕事をもらったり、雇ってもらう道を選んでしまうと、仕事を与える側の都合に常に振り回され、働く時間も時給も他人に決められ、自分らしい音楽生活ができなくなるかもしれません。


「自分で自分を売る」という選択肢も視野に入れておくのも悪いことではありません。


自分という商品が、どこにでもあるような商品で、他に際立った魅力が何もなければ、売りづらいと思います。


自分独自の音楽ジャンルや音楽サービスを築き、なるべく競争しないで勝つという戦略を練るという方法もあります。


過去の誰かと同じような既存のあり方ではなく、自分ならではの新しいオリジナルな価値を築き、


一般的にウケるのではなく、一部の人に強烈に必要とされるような音楽家になるのです。


あなたが、お客さんから見てただの音楽家であれば、お客さんは、あなたよりもっと有名で技術が優れた人のところに行ってしまうかもしれません。


しかし、あなたにしか提供できないオリジナルな価値があれば、その価値を必要とする人はあなたのところにしか来ません。


オンリーワンの価値がきちんと設計できていれば、その分野での競争相手はいなくなるのです。



もちろん、単に奇をてらって珍しいことをすれば良いわけではなく、自分がそこに情熱を持てることが重要です。


情熱を持てるなら、どんどん価値を磨くことでき、よりお客さんに喜んでもらえるようになります。


そうなった上で、多くの人に自分を知ってもらい、多くの人に自分の提供するものの価値をうまく伝えることができれば、収入に繋がります。


もちろん、これは一つの考え方でしかありません。


こうした考え方を取り入れることに違和感を感じる人もいるでしょうし、異論も反論もあるでしょう。


そう思うなら、それでも良いと思います。


音楽家としての生き方、活動の仕方に絶対の正解はありませんから。



私がお伝えしたいのは、過去の常識に囚われず、自分の視野を広げることです。


誰でも思いつくようなことは誰もがやろうとするので、競争が激しくなります。


誰もやっていないことを考え、新しい分野の第一人者を目指した方が良いのです。


口で言うのは簡単で、具現化するのは簡単なことではありませんが、もとより簡単ではない世界です。


自分が愛する音楽の活動で、きちんと生きて延びていけるように、常に新しい可能性を模索していくと良いのではないかと思います。


▼より詳しいお話はメルマガで▼

音楽ライフコーチング 幸せな音楽ライフを整えるマインドの作り方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000