芸術家の仕事は綺麗事


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



「綺麗事を言うな」という言葉があります。


こう言われると、なんだか自分が間違ってるように感じてしまう人がいるようです。


ですが、私は 「芸術家の仕事は綺麗事である」と思っています。


美しい作品を創り、美しい音楽を奏でる、それが芸術家の仕事です。


良い悪いかは別として、「できる限り綺麗にしよう」と努力するのが芸術家の生き方です。


芸術家じゃない人には理解できない考え方ですが、芸術家にとっては真っ当な考え方なのです。



ビジネスマンの発想は「損得」に集約されます。 


「お金にならなきゃしょうがない」という考え方です。


芸術家の発想は「美醜」に集約されます。


「美しくなければしょうがない」という考え方です。


だから、職業として芸術家を選んだ人は、堂々と「美しさ」を追求すべきなのです。



職業をビジネスマンの発想で捉えてしまうと、「損得」が中心になります。


美しい活動をするより、お金になりそうな活動をすることが目的になります。


良い悪いは別として、それは芸術家ではなく、ビジネスマンの生き方です。



コーチングでは、職業とファイナンスのゴールを分けて考えます。


職業では、自分が「美しい」と思うものを作り上げ、自分らしい役割を果たせばいい。


だけど、それが必ずお金になるわけではない。


だから、生きていくのに足りないお金は、ファイナンス活動として別の手段で調達する。


ファイナンス活動は、お金が目的だから損得中心で良いのです。



資本主義社会は、利益至上社会です。


ですから、人々のあらゆる思考が知らず知らず損得思考になっています。


それを資本主義洗脳、あるいは資本主義教と私は呼んでいます。


「現実を見なさい」とか「綺麗事を言うな」と人が言う時は、だいたいお金のことを言っています。


良い生き方や、美しい生き方よりも、「お金を稼ぐこと」が第一と考えるのが多数派なのです。



「お金」は必要なものですが、全ての人間にとって「第一」のものではありません。


社会や多数派がそう考えたとしても、あなたがそう考えなければならないわけではありません。


あなたは、あなたの価値観に基づいて、あなたらしい生き方をすればいいし、


できる限り、あなたらしい人生を設計するお手伝いをするのが、音楽ライフコーチングなのです。



▼より詳しいお話はメルマガで▼

アーティストライフコーチング

音楽家やアーティスト、繊細で敏感なHSPの方々が創造的な人生を送るサポートをしています。 自分の価値観を大切にし、芸術作品のように人生をデザインし、創造して、 仕事や趣味や人間関係や社会貢献など、自分らしく充実した人生を送るためのお手伝いをしています。 メンタルマネジメント、ビジネス、教育や指導、コミュニケーションなどの講座をしております。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000