音大では教わらないビジネスの視点


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



色んな音楽家の方から、ビジネス面の相談も受けるのですが、


「学生時代にビジネスのことを学んでおけば良かった」とおっしゃる音楽家の方がいます。


 「せっかく音大に入ったのだから、存分に音楽のことを学べば良いのに、、」と個人的には思うのですが、そう感じてしまう理由も分からなくありません。


音楽大学ではビジネスについては教わらないため、ほとんどの音楽家が雇われて仕事をもらう発想しか持てず、自分で仕事を組み立てる能力や、お客さんを集める能力がないまま社会に放り出されてしまいます。


オーケストラのオーディションに受かるとか、何かのコンクールで入賞して有名になったりすれば、 誰かが代わりに仕事を作ってくれたり、お客さんを集めてくれるのかもしれませんが、


そういう状況に恵まれるのは一部の人ですし、そういう状況に恵まれたとしても、その状況がいつ破綻しないとも限りません。


自分で仕事を組み立て、自分でお客さんを集めることができず、誰かから仕事をもらうことしかできなければ、仕事をくれる側の都合に常に振り回されてしまいます。


やりたくない仕事でも、お金のために続けざるを得ないといった状況も生まれます。


音楽活動以外にも収入を得る手段があれば別ですが、音楽のみで生計を立てていきたいのであれば、自分で仕事を組み立て、お客さんを集める能力を身につけるか、そういう能力を持った誰かと組んだほうが良いでしょう。



ビジネスをする人にとって、第一に必要な能力は「売る力」です。


すなわち、マーケティングやセールスの能力ですね。


売る力のある人が良い商品やサービスを持つからこそ、その商品やサービスが売れていきます。


良い商品やサービスがあるだけでは誰にも発見されず、勝手に売れていくことはありません。


終戦直後のような物がない時代なら、良い商品やサービスを作れば売れていきましたが、現在のように良い商品やサービスが溢れている時代にモノを売るのはなかなか大変なことです。



音楽家が音楽的な能力を磨くことは、ビジネスで言えば良い商品やサービスを作ることに当たります。


次に考えるべきは、「その商品やサービスをどのように知ってもらうか?」です。


一生懸命に練習し、せっかく優れた音楽家になったのなら、多くのお客さんに喜んで頂きたいですよね。


また、あなたが教えることで誰かの問題が解決するのなら、その誰かにあなたのことを知ってもらいたいですよね。



画家のゴッホは素晴らしい絵を描きましたが、生きている間には絵が売れず、貧しくて苦しい生活のままに短い生涯を終えました。


ピカソは一般の人には理解しがたい抽象的な絵を描きましたが、セールスが得意だったために、生きている間にたくさんの絵を売って裕福に暮らしました。


どちらの人生が良いと言うことは一概には言えません。


人生に求めるものは人それぞれ違いますし、色んな音楽家の人生があって良いと思います。


ただ、音楽で生活を成り立たせ、好きな音楽の道で長く生き続けていきたいのであれば、


自分で仕事を組み立て、お客さんを集められる能力を身につけることも考えてみてはどうでしょう?



音楽ライフコーチングでは、音楽家がビジネスについて学べるスクールも開講しています。


ご興味ある方には、メルマガにてご案内しております。

音楽ライフコーチング 幸せな音楽ライフを整えるマインドの作り方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000