音楽家にならない方がいい人


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



コーチングは、ゴール(夢や目標)の設定からスタートします。


そして、そのゴールは「自分が心から望む」ゴールである必要があります。


ところが、「心から望んでいる」つもりでも、実際には「そうでもない」場合が多くあります。


私たちの思考は、他人によって作られているからです。



私たちの思考は、生まれてから今日まで、たくさんの他人の言葉を受け入れて作られています。


特に、親や学校の先生など、身近な人間の影響力は大きいです。


鳥のヒナは、生まれて初めて見たものを親だと認識し、生涯それを疑いません。


私たち人間も、まっさらな状態から、さまざまな言葉を投げかけられることで、 「これが良い」「これが正しい」と多くのことを疑いなく信じてしまっています。


例えば、小学生に「将来、何になりたいか?」と聞くと、「公務員」と答える子がいるそうです。


これは、典型的な親からの刷り込みです。


公務員をやったことのない人に、公務員の良さなんて分かるはずがないからです。



「音楽家になりたい」という人も、一度はその考えを疑ってみる必要があります。


たまたま身近に音楽が好きな人や、音楽をやっている人がいたりして、なんとなく「音楽家はいい」と思わされているだけかもしれません。


本当は、音楽家になるための過程も、音楽家として生きる生活も望んでいないのかもしれません。


もう音楽家になる道に進み始めてしまったから、引くに引けないだけなのかもしれません。



私は音楽家をサポートする仕事をしていますが、「音楽家になりたい」という人が、実際に音楽家になることが必ずしも良いとは思っていません。


本当に心からそうなりたいのなら、その道を徹底的に応援しますが、心から望んでいないことに気づいたのなら、よりその人が輝ける道を探すことをお手伝いします。


仕事は積み重ねですから、方向転換は早いほど良いとも言えます。



私のクライアントにも、コーチングを進めるうちに、違うゴールを発見して方向転換される方がいらっしゃいます。


それは、クライアントがセッションを重ねるうちに、自分の本当の望みに気づいたからです。


音楽ライフコーチングでは、その人がその人らしい音楽ライフを送ることをサポートしています。


「これが良い」「これが正しい」と、他人から刷り込まれた価値観で生きるのではなく、その人が心から望む生き方を応援するのです。



▼より詳しいお話はメルマガで▼

音楽ライフコーチング 幸せな音楽ライフを整えるマインドの作り方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000