ダメと思うほどダメになる


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



ミスや失敗をした時に、「自分はなんてダメなんだ」とつぶやいてしまう人は要注意です。


こうした言葉が、自分のエフィカシーを下げてしまうからです。


エフィカシーとは、「自分のゴール達成能力の自己評価」のことを言います。


「私はこの目標を達成できる」「私はもっとうまくなれる」と強く思えている状態が、エフィカシーが高い状態。


「私には無理」「私には難しい」と思っている状態が、エフィカシーが低い状態です。


エフィカシーが高いほど、目標を達成しやすくなります。



エフィカシーの高さは、セルフイメージによって決まります。


セルフイメージとは、自己認識のことであり、自分が自分に対して抱いているイメージです。


セルフイメージは、身近な他人(親や学校の先生etc.)に言われた言葉を、自分が受け入れることによってでき上がります。


そして、それらの言葉を自分の中で何度も繰り返し思い出すことによって、セルフイメージが強化されます。



例えば、「あなたは真面目な子だ」と何度も言われ、その言葉を受け入れてしまうと、「自分は真面目な人間である」というセルフイメージができ上がります。


「あなたはダメな人」と何度も言われ、その言葉を受け入れてしまうと、「自分はダメな人間である」というセルフイメージが出来上がります。


「自分はダメだ」と事あるごとに繰り返せば、「自分はダメ」というセルフイメージが強化されます。


そして、それに見合ったエフィカシーになるのです。


「自分はダメ」だと思っていると、新しい成長の機会を避けたり、努力をやめたりして、「ダメな自分」として行動してしまいます。



大きく成長し、ゴールを達成するには、それに見合ったセルフイメージを築く必要があります。


つまり、「自分はそのゴールを達成できる人間である」と思える必要があります。


そのためには、自分が発する言葉や受け入れる言葉をコントロールする必要があるのです。


失敗やミスをした時は、「ああ、またやってしまった」「自分はダメだ」とつぶやくのではなく、


「今のは自分らしくない」「もっとできるはずだ」と、自分のエフィカシーを高めるような言葉づかいをした方がいいでしょう。



これは、指導をする際にも言えます。


生徒のエフィカシーを下げるような言葉ではなく、生徒のエフィカシーを高めるような言葉をかけてあげることが大切です。


高い実績を上げているスポーツ選手の話し方を観察していると、それに見合った言葉の使い方をしています。


そうやって、高い実績を上げるのに相応しいセルフイメージを作っているのです。


自分の使っている言葉を観察し、自分の成長やゴールの達成に相応しくない言葉は使うのをやめ、相応しい言葉だけを選んでいきましょう!

音楽ライフコーチング 豊かな音楽ライフの整え方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000