命令しなくても人は動く


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



コーチングと言うと、


「怖い」とか「厳しい」といったイメージを持つ人がいまだにいます。


スポ根マンガの鬼コーチのイメージがあるのでしょうか?



私のコーチングは怒ったりしません(笑)


何も命令しないし、何も強制しません。


アドバイスは、求められた時にだけ個人的意見として述べます。


こちらから伝えたいことがある場合は、相手の許可をとってからします。


基本的には聞き役に徹します。



コーチの役目は、相手のエフィカシーを高め、ゴールを見つけるお手伝いをすることです。


人は本当にやりたいことを見つければ、誰に何を言われなくても勝手に行動し始めます。


また、エフィカシーが高まり、「ゴールを達成できる!」と思えれば、自然とたくさん行動するようになります。



なかなか行動できない人は、自分の本当の思いではなく、他人の価値観によって生きようとしています。


「こうすべき」「こうあるべき」「こうでなきゃいけない」「こうした方が良い」などといった他人の意見に従おうとしているのです。


私たちの脳は、外側(他人)から強制されることを拒絶します。


やらされていることには、エネルギーも創造性も出てきません。


それどころか、それを回避しようとして、様々な「できない」言い訳を思いついたり、「できなくなる」状況を無意識が作り出そうとします。


正論や叱咤などで強制的に動かそうとしても、一時的に効果があっても長続きはしません。


「うるさく言われないように」とか「怒られないように」といったことが行動の目的になってしまい、そう言われることが無くなれば行動をやめてしまいます。


「こうすべき」「こうしなければならない」といった自分にとっての正しさで、相手を操縦しようとするのではなく、


相手の本当の望みを探り、そこに結びつけてあげ、「必ずできる!」とエフィカシーを高めてあげること。


それこそが相手が力を発揮するための最良のアプローチです。


指導や教育にたずさわっている方には、コーチングを学んでみて欲しいと思います。

音楽ライフコーチング 豊かな音楽ライフの整え方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000