後悔するほど自己評価が下がる


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



「あの時、○○しておけば良かった」


こんなことを言ってる人をたまに見かけます。


その人はおそらく、


「本当はもっと良い選択ができたはず」


と考えているのでしょう。


しかし、それは選択した結果を知ったあとだから言えることであって、選択をする前には分からなかったことです。


選択をする時点においては、自分が置かれた状況の中で、自分が持っている知識の中で、最善の選択をしているはずです。


わざわざ自分にとって都合の悪い選択をする人はいないからです。



また、もし別の選択ができたとしても、その結果が良くなったかどうかは確かめようがありません。


もしかしたら、もっと悪い結果になっていたかもしれません。


過去に別の選択をしたであろう想像の自分と、現在の自分とを比べてもしょうがないのです。



「過去の選択が間違っていた」と考えてしまうと、「良い選択ができない自分」というセルフイメージ(自己認識)を強化してしまい、エフィカシー(自分の能力の自己評価)が下がります。


エフィカシーが下がれば、ゴールを達成しづらくなります。


「自分はいつも最善の選択をしている」と考える方が、セルフイメージは高まります。


もちろん、最善の選択であっても、望ましくない結果は起こり得ます。


ですが、望ましくない結果があるということは、そこから何かを学ぶ必要があるということです。


ゴールにたどり着くためには、ゴールから遠ざかる行動にも気づく必要があります。


間違うからこそ気づき、気づくからこそ自分のあり方を改善できるのです。


そういう意味では、全ての選択の結果は自分にとって必要な結果です。


だから、「自分は常に最高の選択をしている」と考えて良いのです。



人は常に、その時その時点で、最高の選択をしています。


過去の選択について悔やむことに時間を使ってエフィカシーを下げるより、


「この結果から何を学ぶのか?」


「次の行動をどう良くしていくか?」


と、未来を良くすることに時間を使っていくと良いでしょう!

音楽ライフコーチング 豊かな音楽ライフの整え方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000