音楽家にとってのコーチング


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



経営者の中には、コーチングを受けている方が多くいます。


経営の知識やノウハウを持ち、自分の会社について熟知している経営者が、なぜ社外の人間のコーチングを受けるのか?


それは、望む状態(=ゴール)を実現するためにパフォーマンスを高め、より良き判断や行動をしたいからです。



人それぞれに考え方の癖があり、盲点があります。


その人の立場や状況によって、よく見えることと、よく見えないことがあります。


それによって人は、自分の本当の思いが分からなくなったり、解決手段が見えなくなったりします。


気づくべきことに気づき、見えるべきものが見えなければ、望む状態は実現しません。


ですから、コーチはクライアントの盲点を外すお手伝いをするのです。



また、エフィカシー(自分の能力の自己評価)が低くなってしまうと、人は行動できなくなります。


「必ずできる!」と自分のことを高く評価できなければ、人はなかなか行動できないのです。


ですから、コーチはクライアントのエフィカシーを徹底的に高めます。


それによって、クライアントは行動力を高め、より高いゴールを目指せるようになるのです。


コーチングは、クライアントが自分一人では気づけなかったことに気づき、パフォーマンス高く行動するためのサポートです。


だから、コーチングを受けることで、経営者はより良い結果を出せるようになるのです。



では、経営者を音楽家に置き換えてみましょう。


音楽の専門知識や技術がいくらあっても、解決できない課題が音楽人生にはたくさんあります。


それらの課題を乗り越えて、自分が心から望む人生を送るには、自分の中にある本当の思いに気づき、解決策に気づき、エフィカシー高く行動する必要があります。


だから、音楽家にとってもコーチングは有用なのです。


コーチングでは、「こうしなさい」「こうすべき」などといった指導やアドバイスをしません。


最良の答えは、クライアントの中にあるからです。


クライアントは、自分で答えに気づくからこそエフィカシーが高まり、他者から命令されるのではなく自分で決めて動くからこそ、パフォーマンスも高まるのです。



あなたの音楽人生にとっての最良の答えは、あなたの中にあります。


音楽ライフコーチングは、ミュージシャンが自分の本当の望みに気づき、より充実した人生を送るサポートなのです。


▼より詳しくはメルマガで▼

アーティストライフコーチング

音楽家やアーティスト、繊細で敏感なHSPの方々が創造的な人生を送るサポートをしています。 自分の価値観を大切にし、芸術作品のように人生をデザインし、創造して、 仕事や趣味や人間関係や社会貢献など、自分らしく充実した人生を送るためのお手伝いをしています。 メンタルマネジメント、ビジネス、教育や指導、コミュニケーションなどの講座をしております。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000