パフォーマンスを下げる言葉に要注意!

 

音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



「またやってしまった!」


「なんて自分はダメなんだろう。。」


このような内省的なつぶやきのことをセルフトークと言います。


私たちが使う言葉には、過去の記憶が貼りついており、言葉ごとに想起される映像や感情があります。


上記のようなセルフトークをすると、過去に失敗した時の映像やマイナスの感情が想起され、過去の失敗を再体験することになります。


このようなセルフトークを繰り返すと、「自分は失敗する人間である」というリアリティが高まります。



何度も繰り返されたセルフトークによって、セルフイメージができあがります。


セルフイメージとは、「私はこういう人間である」という自己認識のことを言います。


私たちは、セルフイメージに合致する行動は進んでとるようになりますが、合致しない行動は避けるようになります。


例えば、成し遂げられるかどうか分からない難しい仕事を依頼された時に、


「私はできる人間である」というセルフイメージを持つ人は積極的に引き受けます。


「私は失敗する人間である」というセルフイメージを持つ人は断る理由を何とか考え出そうとします。


その人の持つセルフイメージによって、日常の判断や行動が決まってしまうのです。



スポーツのメンタルトレーニングでは、このセルフトークのコントロールを徹底して行ないます。


セルフトークによってセルフイメージが決まり、セルフイメージによってパフォーマンスが決まってしまうからです。


ですから、「私はダメ」というセルフトークがあれば、「私はできる」というセルフトークに変え、


「またやってしまった!」というセルフトークがあれば、「今のは自分らしくない」というセルフトークに変え、


「私は下手だ」というセルフトークがあれば、「これからもっと上達する」というセルフトークに変え、


自分の成長やゴール達成にとって、ポジティブなセルフイメージを築いていくのです。



これは、音楽家にとっても大切なことです。


「自分はダメだ」「自分は下手だ」「自分には才能がない」といったセルフトークばかりしていると、


「ダメ」「下手」「才能がない」というセルフイメージができあがり、そういう自分として判断・行動するようになります。


その結果、大きく成長できるチャンスを避けてしまったり、大事な時に失敗するような自分になってしまいます。


「自分はもっとできる」「もっと上手くなれる」と、自分の目指すゴールに対して前向きなセルフトークをしていくことが大切です。


指導者も言葉の使い方に注意する必要があります。


指導者が生徒に対して、「ダメだ」「下手だ」などとネガティブな言葉を投げかけ、生徒がそのようなセルフトークするようになれば、ネガティブなセルフイメージが強化されてしまいます。


使う言葉によって、行動やパフォーマンスが変わります。


ゴール達成に相応しいセルフトークを使うようにしましょう!


あなたはもっともっと力を引き出せます!

音楽ライフコーチング 幸せな音楽ライフを整えるマインドの作り方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000