安易に新しいことを始めない

アーティストライフコーチングの

高野直人(こうのなおと)です。


新年になると自然と心が改まり、


「何か新しいことを始めたい」

「今年こそこれを解決したい」

と思って、


新しい行動や習慣を、

始められる方がいると思います。


それ自体は、

大変に良いことですが、


繊細で敏感な人たちは、

刺激に弱いために、

「疲弊しやすい」ということを、

忘れないようにしたいものです。


何かを始めたり、

何かの役割を引き受けたりして、

新しい行動を増やすことは、

わりと簡単にできますが、


それらが積み重なっていくと、

だんだん重荷となり、

身動きの取れない状態に、

なっていきます。


「やった方が良いこと」や、

「やっても悪くないこと」は、

この世に無数にありますし、


自分の役に立つことや、

他人に役立つことをするのは、

安心でもあります。


ですが、


「自分が真にやるべきこと」

「自分が真に満足すること」

というのは案外少ないものです。


色んなことを抱えるほどに、

注げるエネルギーは分散し、

頑張っている割に、

成果を実感しにくくなります。


全てのプロセスを、

心から楽しんでやっている分には、

何の問題もありませんが、


途中で疲れてきたり、

疑問を感じてきた時は、

自分がやっていることを、

見直すべき時なのかもしれません。


「本当にそれをやりたいのか?」

「本当に自分がやるべきことなのか?」


始めることよりも止める方が、

引き受けるより断る方が、

増やすより絞る方が、

難しく勇気の要ることですが、


それができると、

心も体もとても身軽になり、

本当に満足できることに、

集中できるようになります。


繊細で敏感な人たちは、

刺激に弱く疲れやすいからこそ、

やることを絞った方が良い、

と私は思っています。


そのためには、

新しい行動を増やす前に、

今までしてきたことを見直して、


「実は自分がやらなくていいこと」

を洗い出して、

捨てていった方が良いかもしれません。


・特に気が進むわけでもない、

 知り合いから誘われたイベントや、


・本当はやりたくもない、

 周りからの頼まれごと、


・あまり読んでいないメルマガや、

 サブスクの購読、


・それほど大きな成果を

 生み出していない行動、

などなど。


まずは自分を身軽にし、

新しいものが入る余地を作ってから、


「それをやることで真に満足できる」

行動を決めていくと良いと思います。


繊細さや敏感さの生かし方を学べる無料メルマガ

『繊細なアーティストのためのメンタルマネジメント』

▼こちらよりご登録ください▼

https://www.reservestock.jp/subscribe/104065

ARTIST LIFE COACHING

音楽家やアーティスト、繊細で敏感なHSPの方々が、創造的な人生を送るサポートをしています。 自分の価値観を大切にし、好きなように人生をデザインし、仕事や趣味や人間関係や社会貢献など、自分らしく充実した人生を送るためのお手伝いをしています。 メンタルマネジメント、ビジネス、教育や指導、コミュニケーションなどの講座をしております。

高野直人(コウノナオト)

音楽家、芸術家、内向的な人、繊細で敏感な人(HSP)、

自分の価値観を大切にし、繊細さを生かして創造的に生きたい人、

自分らしく人に役立つ仕事をしたい人のメンタル・ビジネスサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000