環境の重要性ついてのツイートまとめ


■どんな環境にいても努力や工夫はできます。そういう意味では、成長に環境は関係ないと言えます。ですが、悪い影響を受けるよりは良い影響を受けた方が良く、足を引っ張られるよりは応援された方が良いでしょう。そういう意味では、環境選びは大切です。


■「今いる環境で頑張れないなら、どの環境に行ってもダメだ」なんてことがよく言われます。ですが、環境を変えることでパフォーマンスが高まることだってあります。どちらにせよ、環境を変えてみないことには確かめようのないことです。今いる場所で頑張っても良いですし、新しい場所を試してみても良いのです。


■ 良くも悪くも、私たちは環境の影響を強く受けます。ミラーニューロンの働きによって、よくいる人たちと似通った存在になっていきます。ですから、どのような人たちと過ごすかはとても大切です。自分にとって望ましくない影響を受ける環境ではなく、望ましい影響を受けられる環境を選びましょう。


■嫌な人と一緒に居続けたり、常にイライラさせられるような場所に居続けると、その間、待機電力のように意志力を消耗し続けます。意志力は有限ですので、何かで消耗すれば、その分だけ他のことに使えなくなります。意志力を無駄づかいしないような工夫、環境整備は重要です。


■環境が恵まれている方が、有利であることは当然ですが、「どんな環境であれ、与えられた環境の中でベストを尽くし、最大の結果を出す」というセルフイメージを持つことも、また大切なことです。


■行動が続く人は、自然と行動できる仕組みを上手くつくっています。毎回、意志力を働かせて取り組もうとしていると、トラブルがあって意志力を大きく消耗した時に取り組めなくなります。意志力をそれほど使わなくても、すぐに取りかかれるような環境づくりは大切です。


■絶対評価で評価される環境にいると、できただけ評価されるので、「能力は努力次第でいくらでも伸びる」というマインドセットが育ちやすくなります。相対評価で評価される環境にいると、他者との優劣によって成績が決まるので、「人間の能力は生まれつきで固定的」というマインドセットが育ちやすくなります。


■環境に過度に適応すると、自己革新や目的合理性を追求できなくなります。家族や友人関係、今いる組織の習慣やしきたりなどを大事にし過ぎることで、あなたの成長、あなたの結果の追求が阻害されることがあります。


■良くなるためには、良くない部分に気づく必要があります。良くない部分に気づくには、自分をよく観察する必要があります。自分の生き方、考え方、習慣、付き合う人、いるべき環境は本当にそれで良いのか?ゴールに向かうために、変えた方が良いものがあるのではないか?


■「自分」とは関係性の結び目です。自分がすること、自分が会う人、自分がいる場所、自分が学ぶことなど、自分を取り巻くものとの関係性によって「自分」が成り立っているのです。人生に変化を起こしたいなら関係性を変えてみることです。 取り入れる情報や習慣や環境や人間関係を変えてみるのです。


▼より詳しいお話はメルマガで▼

音楽ライフコーチング 豊かな音楽ライフの整え方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000