HSP音楽家が苦手なこと


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



HSP音楽家にとって、苦手なことがいくつかあります。


まず、HSPは時間を区切って何かをさせられたり、一度にたくさんの指示をされるのが苦手です。

 

例えば、


「明日までにこれを何とかしなさい!」「今日中にこれとこれとこれをして!」 などと言われると、


混乱し、頭が働かなくなり、ミスや失敗が増えたりします。



また、HSPは誰かに監視された状態で何かをさせられたり、他人に評価されるのがとても苦手です。


ですから、合奏などで、みんなが見ている前で一人だけ演奏させられるとか、


ちゃんとできないと叱られるような状況に置かれると、極端にパフォーマンスが下がります。


なので、こういう気質をよく理解し、


苦手なシチュエーションに陥ってパフォーマンスを発揮できない時に、過度に自分を責めないようにしましょう。


また、非HSPの方は、HSPの生徒や部下を持った時に、こういった性質をよく理解しながら教育・指導に当たると良いと思います。



▼より詳しくはメルマガで▼

音楽ライフコーチング 幸せな音楽ライフを整えるマインドの作り方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000