他人の感情に振り回されやすいHSP音楽家


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



前々回より、HSPをテーマに記事を書いています。


ご参考:

5人に1人いる繊細で敏感なHSPの話』

『繊細であるが故に疲れやすいHSP音楽家』


HSPができるだけ避けたいのは、いつも不機嫌だったり怒っていたりして、「負の感情を抱えている人」と一緒に過ごすことです。


HSPは、他人との境界線が薄いために、他人の感情をもらいやすく、


怒りや不満をあらわにしている人や、愚痴や不満をこぼしている人と一緒にいると、


その負の感情をもらってしまい、いつまでも嫌な感情を引きずってしまいます。


その結果、自分のやるべきことに集中できなくなったり、意欲が低下したりします。



そうならないために一番良いのは、負の感情を持った人たちとなるべく距離を置くことです。


それが難しい場合は、負の感情を持った人と会った後、


自分一人になった時に、頭の中で 「負の感情をゴミ箱に捨てる」イメージをすることです。


あるいは、実際に紙に書き出して、その紙を丸めてゴミ箱に捨てるのでも良いかもしれません。


いずれにせよ、自分の中でその負の感情を終わらせる、何らかの儀式をするのです。


この方法は認知行動療法に基づいています。



大事なことは、


・不都合な刺激をなるべく避けること

・避けられなかったらケアをすること 


です。


他人から負の感情をもらいやすい人は、参考にしてみて下さい。



▼より詳しくはメルマガで▼

アーティストライフコーチング

音楽家やアーティスト、繊細で敏感なHSPの方々が創造的な人生を送るサポートをしています。 自分の価値観を大切にし、芸術作品のように人生をデザインし、創造して、 仕事や趣味や人間関係や社会貢献など、自分らしく充実した人生を送るためのお手伝いをしています。 メンタルマネジメント、ビジネス、教育や指導、コミュニケーションなどの講座をしております。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000