座右の古典はありますか?


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



前回の記事では、「歴史に繋がろう」というお話をしました。


ご参考:『オリジナルを目指す前に』


イタリアのクリエイターやアーティストは、誰もがダンテの『神曲』を読んでおり、『神曲』の中の好きな場面を言えるそうです。


『神曲』からイタリア語が生まれたと言われるように、この本はイタリア人にとってはルーツの一つと言える本です。


また、『神曲』を題材として、ボッティチェッリは『地獄の地図』の絵を描き、ロダンは『地獄の門』の彫刻を創っています。



そして、このダンテにもルーツがあります。


それは、ウェルギリウスやオウィディウスなどの詩人です。


ダンテは、彼らの詩を学んでラテン文学の素養を身につけました。


また、ウェルギリウスは、ホメロスの叙事詩に影響を受けて『アエネーイス』を書いていますし、オウィディウスは、ギリシア・ローマ神話を題材にして『変身物語』を書いています。


このように芸術というのは繋がっています。


私たち日本人の芸術家やアーティストは、イタリア人のように自国の古典に通じているでしょうか?


日本語のルーツである、源氏物語や平家物語の好きな場面について言える人は、あまりいないように思います。


たずねたところで、「はぁ?」っと変な顔をされそうです(笑)


それは、さておき、優れたアーティストの中には座右の書なり、座右の曲なりを持っている人が多くいます。


常に自分が立ち返り、そこから世界を見て、そこから気づきを得ていけるような作品なりを持っているのです。


長い歴史の中で残ってきた作品には、それだけの価値や本質が詰まっています。


自分の中で軸となり、錨となるような古典を、いくつか持ってみるのも良いことだと思います。



▼より詳しいお話はメルマガで▼


音楽ライフコーチング 幸せな音楽ライフを整えるマインドの作り方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000