お酒を飲むとIQが下がる?


音楽ライフコーチングの高野(コウノ)です。



機能脳科学者の苫米地英人博士のところでコーチングを学ぶ人たちは、「お酒を飲んではいけない」と言われています。


苫米地博士によれば、お酒を飲むことで、IQが下がるのだそうです。


詳細な因果関係については、私はきちんと調べていませんが、


私の体感としては、お酒を飲むと頭の働きが悪くなり、仕事の質が落ちるので、最近はあまり飲まないようにしています。


お酒を飲む時間が増えるほど、クリエイティブになれない時間が増える、というのが私の実感です。



とは言っても、


「かつての偉大なミュージシャンには酒好きが多いではないか!」


「酒だけではおさまらず、クスリにまで手を出しているではないか!」


という反論を私はまず最初に思いつきました(笑)


そのことについては、どう説明するのかと。


おそらく、彼らには、お酒の弊害をはるかに上回る才能があったのでしょう。


お酒を飲まず、クスリもやっていなければ、もっと良い音楽活動をしていたのかもしれません(笑)



因みに、 お酒を飲むとドーパミンが出るから気持ちが良いわけですが、お酒を飲んで出てくるドーパミンの量は案外少ないそうです。


おいしい食事をした時に出るドーパミンの量を50とすると、お酒を飲んだ時は200、ヘロインやコカインで300-400、覚せい剤で1000、催眠術で2000、瞑想で30000-50000と言われています。


なので、お酒を飲むんだったら瞑想をしたほうが気持ちよくなれるし、安あがりと言えます(笑)



とは言っても、色んな付き合いがあったりするし、好きな人に「やめろ!」というのも酷な話です。


また、「やめろ!」と言われるほど、 やめたくなくなるのが人間の心理ってやつです。


私は酒飲みには寛容ですし、「お酒を飲むな!」なんて偉そうなことは申しませんが、一つの情報としてお伝えしておきます。 


 あとは自己責任で。 


音楽ライフコーチング 幸せな音楽ライフを整えるマインドの作り方!

音楽家、アーティストがコーチングを活用して、豊かな音楽ライフを実現する方法 メンタルマネジメント、ビジネス思考、音楽指導、人間関係、コミュニケーションなど、様々な課題をクリアして、あなたらしい幸せな音楽人生を送るヒントをお伝えしています。

高野直人(コウノナオト)

音楽家のためのコーチングスクール代表、プロフェッショナルコーチ

主に音楽家、アーティスト向けにメンタルトレーニング、ライフコーチングを提供。

ストレスなく行動して結果を出す、マインドを作るサポートをしている。

音楽家がコーチングを学べるスクール、講座等を開催。

0コメント

  • 1000 / 1000